新人とphpプログラマーの年収

プログラマーというと難解なプログラミング言語を駆使する専門職で、未経験者には無理な職業だと思われがちだ。しかし、IT業界全体が人手不足だということもあって、未経験者歓迎と書かれた求人募集も少なくない。実際、プログラミング言語はそこまで難しいものでもないのだ。要は、機械に読ませるための言葉であり、その学習は英語の勉強をするよりも簡単である。特に、webサイトのアプリ開発でよく使われるphpは、人間の言葉に近くて初心者でもすんなりと理解することができきるだろう。もちろん、入社してすぐにプログラミングの仕事を任せられることもなく、教育期間はちゃんと設けられているので、やる気さえあればプログラマーになること自体はそれほど難しくない。(未経験からプログラマーを目指すならこちらをチェック)

ただ、一人前の給料を貰おうと思えば話はまた違ってくるだろう。未経験で入社すると1年目の年収は300万円に届くかどうかだ。しかし、例えばphpを使うプログラマーの平均年収は450万円ほどである。それだけもらうには、顧客の要望を聞いて、全体の設計を行える能力が不可欠だ。上流工程と言われるもので、これができないと一人前のプログラマーとは言えないだろう。そして、いくらphpが覚えやすいといってもそれだけではいずれ限界がくる。さらに高い年収を目指そうと思えば他の言語も覚えていかなければならない。そして、そのスキルを使って実績を積み重ねることがより高い年収に繋がるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

(Required)

Proudly powered by WordPress   Premium Style Theme by www.gopiplus.com